子供の教育費はどうなるか

自己破産をしてしまった場合に、お子さんがいるような場合に、どのように費用を捻出したらよろしいのでしょうか?
子供は大学まで通えば、国立大学でも1000万円程度の費用がかかります。
自己破産をしてしまいますと、基本的には、教育ローンなども組めなくなってしまいますので、お子さんのせっかくの将来を台無しにしてしまいます。

 

 

しかし、奨学金という制度があります。自己破産者でも、一定の要件を満たせば奨学金を利用することができますので、なんとか教育費は捻出することはできます。
しかし、奨学金でもお金を借りるということには変わりないので、金利も含めて、しっかり返済をしなければなりません。
ただし、奨学金の返済については、大学を卒業した後に、お子さんが返済していけば良いものです。

 

 

ですから、お子さんは、奨学金を受けましたら、しっかり勉学をして、良い就職先に努めて、返済できる能力があるような会社に勤められるようにしなければなりません。
人によって、考え方は異なると思うのですが、子供の教育費は、しっかり親が面倒を見てあげるのが普通だと思います。

 

 

親が自己破産をしてしまったがばかりに、教育費も捻出することができず、借金をして、大学に通わなければならないようなお子さんはとても不幸だと思います。
自己破産をすることは、このようにご自身のみが不幸になるばかりでなく、お子さんまでも巻き込んでしまうことになるのです。
ですから、ギャンブルなどで散財をすることはやめるようにしましょう。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)