家族への悪影響は

自己破産をした場合に家族への悪影響がないか否か心配になるとおもいます。
自己破産は、申し立てた人が対象になりますので、家族への悪影響は基本的にはないと考えればよろしいと思います。

 

 

しかし、マイホームや車などの財産が全てなくなってしまいますので、ご家族の方は間接的に悪影響を被ることになります。
万が一、家族が保証人や連帯保証人になっているような場合には、督促や取り立てをされることになります。

 

 

しかし、連帯保証人などになっていない場合には、家族が保有している財産や預貯金などが処分されるわけではありませんので、安心してもよろしいと思います。
そして、自己破産をした本人は、ローンの利用などはできませんし、クレジットカードを利用することがしばらくはできなくなりますが、家族の方は、自己破産者が身内にいても、審査が厳しくなることは少ないです。
ただし、金融機関によっては、審査の過程で、自己破産者がいることで、融資を受けられないような場合もあります。

 

 

そして、お子さんへの影響ですが、前項でも説明しました通り、教育費を捻出するためには、奨学金などを利用しなければならなくなりますが、進学する際や結婚をする際に悪影響を及ぼすことはありません。
進学時や就職の際に、自己破産者が身内にいることなどは調査されませんので、安心してもよろしいと思います。
ただし、子供が保証人として、自己破産をした親に保証人になってほしいという場合には、一定期間を経過していませんと、保証人になることはできません。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)