自己破産後の生活

自己破産をしますと、借金の督促もなく、お金の工面に悩むこともないので、精神的に開放されます。
贅沢はできなくとも、まともな生活を送ることができるのです。人間らしい生活ができると言っても過言ではありません。

 

 

しかし、就職活動をする上で、履歴書に自己破産をしたという事実を記載する必要はあるのでしょうか?
記載しなければならないと思いがちですが、自己破産をしたという必要はありません。
しかし中には、信用調査をする会社もありますので、自己破産をしたという事実がわかりますと、不採用になってしまうこともあります。

 

 

そして、自己破産をしますと、融資を進めるダイレクトメールなどが届くことが多くなります。
自己破産をしてから7年間は自己破産ができませんので、ヤミ金業者が不当な融資を進めてくるのです。
自己破産をして、せっかく借金から解放されたのですから、二度と借入をすることは避けるようにしましょう。

 

 

また、自己破産をしますと、信用情報にしばらくの間は金融事故情報として登録されてしまいますので、クレジットカードを利用することもできませんし、ローンを組むことも出来なくなってしまいます。
従って、すべての支払は現金で一括払いということになります。
常に現金を持ち歩かなければなりませんので、不便に思いがちですが、慣れてしまえばそんなに苦になることはないと思います。

 

 

自己破産をしましたら、まずは身の丈にあった生活をすることに徹することが必要です。
贅沢を控えて、時々趣味などにお金を使うなどの生活にすべきです。二度と借金地獄にならないようにすることが大切です。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)