ローンやクレジットが利用できなくなる?

自己破産をしますと、クレジットカードを利用することもできませんし、ローンを組むことができなくなります。
自己破産の情報は信用情報機関に登録されるのです。
貸金業者も含め金融機関は個人の信用情報を調べることができますので、自己破産の状態であれば、申込みをしても却下されることになります。

 

 

一般的には、自己破産をしてから7年間程度経過すれば、クレジットカードやローンは組めると言われていますが、信用情報機関の登録状況が抹消されても、各金融機関が独自で顧客情報を把握している場合もあります。
特に、自己破産の際に免責をうけたクレジットカード会社などにクレジットカードの発行を要請しても、間違いなく発行はしてくれません。

 

 

また、クレジットヒストリーといい、カードの利用状況などを調べられることもあります。
よく利用している人ならば、自己破産を起こした人ではないと判断されると思うのですが、全くクレジットヒストリーがないような場合には、審査に通ることは難しいです。
ですから、キャッシングをせずに、公共料金などの引き落としなどでクレジットヒストリーを作ることもよろしいと思います。

 

 

自己破産の情報が残っているような状態で、ローンの申込みをしますと、申込みをしたという事実も登録されてしまいますので、よりローンを組むことは難しくなってしまいます。
ですから、自己破産を受けて、クレジットカードの発行やローンを組むようなお願いをする場合には、信用情報機関の登録状況を調べる必要があります。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)