海外旅行ができなくなる?

自己破産をしますと、海外旅行ができなくなると言われていますが、本当なのでしょうか?
海外旅行は贅沢なことです。借金を帳消しにしてもらったにもかかわらす、自己破産者が海外旅行をするなどもっての他と債権者には思われてしまうものです。
ですから、破産手続きが開始されてしばらくの間は海外旅行をすることは基本的にはできません。

 

 

財産がある場合には、管財人事件となりますので、財産状態が確定していないような状態で、海外旅行をすることは禁じられているのです。
ですから、手続の最中に海外旅行や長期の旅行などをするためには裁判所の許可を受けなければなりません。

 

 

しかし、財産がないような同時廃止というケースの場合には、破産手続き中でも海外旅行をすることができます。
また、破産手続きが終わることにより、海外旅行ができるようになります。

 

 

ですから、海外旅行が制限されるのは、一部の場合や限定された期間ということになります。

 

 

しかし、自己破産をしているような人が、多額のお金を使って、海外旅行などをすることは、常識的に考えて、おかしいと思います。
自己破産をしましたら、身の丈を考えて、生活をすることが必要だと思います。

 

 

海外旅行ができるほどの余裕がある収入があるような人が、自己破産をするなどということは、本当に散財をしていたからだと思います。
散財癖はなくならないかもしれませんが、債権者の損失のことを考えれば、普通の人ならば控えると思います。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)