弁護士に依頼する前に

自己破産の申し立てをする前に、まず弁護士や司法書士や家族などに相談するとよろしいと思います。
その際には、ご自身の債務と資産や収入などをしっかり説明して、本当に借金の返済ができないか否かを確認するのです。

 

 

弁護士や司法書士に相談をしますと、破産するしか方法がないと思っていた場合でも、民事再生や個人再生の手続きにすることもできますし、債務の減額ができる任意整理や特定調停という方法で、債務を減らすこともできるのです。

 

 

法人の経営者の人でも、試算表を見ることにより、改善する余地があることも考えられます。
借金の返済に追われ、督促や無理な取り立てなどを受けているような人は、時がたてばたつほど、状況が悪化しますし、精神的に耐えられずに自殺に至るケースなどもあると思います。

 

 

ですから、早めに弁護士や司法書士に相談することをおススメします。
そして、自己破産をしなければならないような状態になれば、破産の手続きが同時廃止なのか管財事件になるのかにより費用も変わってきます。

 

 

弁護士に相談することは、恥ずかしいことではありません。
破産の手続きなどを円滑にしてくれるのが弁護士なのです。弁護士に自己破産の手続きをお願いしますと、受任通知が債権者に送られるために、それ以降しばらく返済を凍結することができますし、無理な取り立て行為なども禁止されますので、精神的な苦痛がなくなるのです。

 

 

ご自身で対応をすることもできるのですが、とても難しい手続きになりますので、弁護士にお願いすべきだと思います。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)