弁護士に相談するメリット

自己破産をする場合の手続きは、ほとんどの人が弁護士にお願いするケースが多いです。
費用がかかるのでご自身で対応する人もいるのですが、精神的にかなり追いつめられている状態の人が自己破産手続きをするのは、とても難しいことです。

 

 

弁護士に依頼をしますと、書類作成などの面倒な手続きを代行してくれますので、安心して任せることができます。
また、裁判所に申し立て書類などを取りに行ったり、提出するようなことも代行してもらえますので、労力を要することもないのです。

 

 

また、破産手続開始決定に至るまでには、申し立て後1~2か月はかかるのですが、弁護士が代理人となっている場合には、即日面接という制度により、申し立てをした当日に、弁護士と裁判官の面接により、破産手続開始決定が下りるのです。
債務者にとっては、いかに早く手続を終わらせるかということを重視しますので、この制度を利用することにより、大きなメリットを得ることができるのです。

 

 

また、知識がない人にとっては、弁護士という専門家にお願いすることにより、安心感を得ることができます。
弁護士はプロですので、免責許可の決定を受けられるような対応をしてくれますし、尋問などの回答の仕方などのアドバイスをしてくれます。
従って、ご自身で手続をするよりも、免責許可の決定が受けられる可能性が高いのです。

 

 

また、自己破産の申し立てをすることにより、債権者からの取り立てはなくなりますが、ヤミ金業者などは取り立てをやめない場合があります。
しかし、弁護士ならば、債権者に対して受任通知を送付することで、債務者に対して直接取り立てができなくなり、精神的な苦痛がなくなるのです。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)