弁護士に依頼するデメリット

自己破産をする際には、専門家の弁護士にお願いする方法がもっとも良いのですが、唯一デメリットと思うことは、費用が高いということです。
弁護士の報酬については、最低額が決められていますが、基本的には自由に報酬を決定できるので、しっかり費用について確認する必要があります。

 

 

格安で仕事を引き受けてくれる場合もありますが、安かろう悪かろうではよくないので、20万円以上はかかると理解すればよろしいです。
債務者は、免責許可の決定を受けることが重要なことですので、費用だけで弁護士を決めるのはよろしくないです。

 

 

そして悪徳な弁護士も存在することです。
そもそも、自己破産などの手続きで報酬を得られるのは、弁護士と一定の資格を有する司法書士のみですが、資格を有さないような業者もあります。
また、有資格者でも、広告宣伝をして、多くの利用者を募り、杜撰な仕事をしたり、とんでもない報酬を請求するような場合もありますので、注意することが必要です。

 

 

そして、暴力団が経営するようなヤミ金と結託しているような弁護士もいますので注意が必要です。
違法なヤミ金などと結託しているような場合には、債務整理をするどころか、ヤミ金からの借入を促すこともあるのです。

 

 

ですから、しっかりとした実績のある弁護士にお願いすることが必要です。
しかし、どの弁護士が良いのかわからないと思います。
ですから、弁護士会などに入会しているような弁護士事務所で、インターネットの口コミ情報などが良い弁護士事務所を選ばなければなりません。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)