自己破産にかかる時間

自己破産の手続きを弁護士に依頼しているのに、なかなか自己破産の申し立てがされないような場合もあると思います。
基本的には、依頼をしてから、3ヶ月以上経っているような場合には、弁護士がしっかり対応してくれていない可能性があります。

 

 

通常の弁護士の仕事は、委任を受けてから、債権者に受任通知を出して、債務者への取り立てを禁止させる行為をすることになります。
また、債権届出書を提出してもらうようにお願いをします。そして、債権届出書を確認して、過払いがあるような場合には、現在の上限金利で再計算をして、過払い請求をすることになります。

 

 

過払い金が解りますと、債権者は債務者に対して、お金の返還をしなければならないようになります。
取引履歴については、発行されるまでに、約1~3ヶ月かかります。そのために申し立ての時間がかかるということも考えられます。

 

 

しかし、しばらくしても何の対応もされていないような場合には、遅れている理由をしっかり確認するとよろしいです。
万が一、債権者から貸金返還請求などがありましたら、しっかり訴状の写しを弁護士に郵送するべきです。

 

 

仕事をさぼっているならば、対応を急がせる効果が期待できます。債権者は破産手続きを早くしてもらうために、訴訟を起こすこともあります。
免責は別として、破産手続きの申し立てがなければ、債権者にとっては、損失を被ってしまうのです。
ですから、頻繁に弁護士にどのような状態なのかを確認するとよろしいです。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)