過払い請求について

貸金業者が融資する際の金利は、過去は出資法と利息制限法があり、より上限金利の高い出資法の金利を課す貸金業者が多く存在しました。
しかし、今では上限金利が利息制限法に統一されたことにより、出資法での上限金利を支払い続けていた人は、余分に支払った金利分を返還請求することができるのです。

 

 

債務整理をする際には、まずは債権者から、取引履歴を弁護士が入手して、返還請求分と今の債務を相殺して、残りの分を返済していくことになります。
人によっては、過払い分が大きく、返還請求分で、今の債務がなくなるようなこともありますし、さらには、現在の債務よりも返還請求分の方が高い場合には、お金を得ることもできるのです。

 

 

ですから、自己破産をしなければならないと思っているような人は、弁護士にお願いして、過払い請求分についてしっかり確認をしてもらうことが必要です。

 

 

銀行などは、最近貸金業を始めていますので、返還請求はできないと思いますが、消費者金融系などの会社は、出資法の上限金利を適用している場合が多いので、大抵の場合は過払い請求をできる可能性が高いのです。

 

 

取引履歴を入手すれば、ご自身でも再計算はできるかもしれませんが、支払方法がリボルビング払いで、金利負担分を計算することはとても厄介ですので、弁護士や司法書士にお願いした方がよろしいと思います。
多くの消費者金融が、大手の銀行などに買収されているのは、過払い請求に対応できないような状態になり、経営基盤がぜい弱になっているからです。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)