信用情報機関への登録

借金が返済できなくなってしまった人は、債務整理をすることになるのですが、任意整理などを除いて、債務整理をしてしまいますと、信用情報機関に金融事故として登録されてしまいます。

 

 

信用情報機関とは、個人の金融情報、つまり借入れた実績や返済状況、どの貸金業者から借入れをしているかなど、すべての情報が登録されているのです。
貸金業者に対して、借入れの申込みをした履歴もしっかり登録されてしまいますので、たくさんの貸金業者に申込みをしているような人も、要注意人物として認識されてしまうのです。

 

 

借りたお金は必ず返済しなければなりません。
ですから、貸金業者としては、融資の審査をする場合に、必ず信用情報機関に過去の金融取引について照会することになります。
貸金業者も含め、金融機関は個人の信用情報を知ることができるのです。

 

 

信用情報機関に事故情報がありますと、基本的には、お金の借入はできなくなります。
当然のことです。融資をしてもしっかり返済してくれるような人でなければ、自己破産などをして、借金の踏み倒しをされてしまう可能性もあるのです。

 

 

しかし、信用情報期間の情報は、一定の期間が経ちますと、抹消されますので、自己破産を起こしていても、しばらくすれば、再び、借入れをすることができるようになります。
しかし、信用情報期間のみでなく、貸金業者などの金融機関自体が、金融情報を管理している場合がありますので、自己破産を起こしてしまいますと、その後のキャッシングやローンなどを利用できない可能性も高いです。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)