自己破産での勘違いについて

自己破産と聞きますと、ネガティブなイメージを持たれてしまいますが、誤解されていることも多いので、以下に説明します。
まずは、破産をしても、債権者からの執拗な取り立てが続くのではないかと思うことです。

 

 

自己破産をしましたら、債権者は取り立てをすることはできません。
法律違反ですし、業務停止に追い込まれることがあるのです。
ですから、心配をしなくてもよろしいです。

 

 

また、保証人になっていない限り、身内への取り立てもありません。
身内が借金の返済ができていないような場合には、返済をしようと思う人も思いますが、その必要はありません

 

 

。また、自己破産をしますと、勤務先に連絡が行き、クビになると思っている人も多いと思いますが、そのようなことはありません。
そもそも債権者が会社に対して自己破産の情報を伝えることは禁じられていますし、会社が自己破産の情報を知ったとしても、自己破産を理由にクビにすることは許されていません。

 

 

万が一、自己破産を理由に解雇されたような場合には、不当解雇ということで、解雇の取り消しや損賠賠償をすることができます。

 

 

また、自己破産をしますと、戸籍や住民票に破産歴が残ると思う方もいると思いますが、その心配はありません。
ですから、ご自身の就職やお子さんの就職などにも、悪影響を及ぼしません。

 

 

そして、給料を差し押さえられることを心配されている人もいると思いますが、それもありません。
また、年金や生活保護費、失業保険などの差し押さえなども法律で禁止されていますので、心配は不要です。

 

 

まだまだ、勘違いをされていることも多いと思いますが、自己破産後の状態について弁護士などにしっかり確認するとよろしいです。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)