自己破産以外の債務整理方法

自己破産は、債務を帳消しにするという究極的な方法です。
自己破産をすることにより、デメリットは多いので、できる限り自己破産ではなく、別の方法で、借金を返済する方法がよろしいです。

 

 

では、どんな方法があるのでしょうか?以下に説明します。
まずは個人再生です。この方法はまだ新しい債務整理方法ですので、あまり知られていませんが、簡単に言いますと、収入に応じて返済計画を立て直して、3年以内に返済できる金額を算出して、その通りに返済できれば、それ以上の借金が免除される方法です。
この制度を利用できる人は、債務総額が5千万以下で、安定した収入が得られることが必要です。

 

 

次に任意整理です。これは、裁判所など公的な機関を利用せずに、弁護士などを通じて、利息の軽減や毎月の返済額を減らしてもらう方法です。
任意整理をするためには、過払い金を計算し直して、適正な返済計画をたてて、3年以内に返済をすることです。
メリットは、利息や損害金のカットができることなどです。
しかし、債権者が理解をしませんと和解ができないというデメリットがあります。

 

 

最後に特定調停です。これは簡易裁判所を通じて、債務を圧縮する方法で、まだ支払不能ではなくとも、間もなく返済不能になるような人に対して講じられる債務整理の方法です。
特定調停については、弁護士を利用しなくとも、裁判所の力で債務を整理することができます。
特定調停は、裁判所を介しますので、調停が成立した後に、返済ができなくなりますと、債権者は給与の差し押さえなどの強制執行ができますので、3年から5年の間に確実に返済をすることが必要です。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)