自己破産のメリット

自己破産を弁護士などにお願いをしますと、弁護士が自己破産手続きをします。
まずは受任通知を債権者に送ることになりますが、受任通知書が送られましたら債権者は、債務者に対しての取り立て行為ができなくなります。
従って、取り立てに窮していた人にとっては、精神的な苦痛がなくなります。

 

 

また、自己破産手続きが終了するまでには支払をしなくても良い状態になりますので、じっくりと自己破産後の生活について考える余裕もできると思います。
そして裁判で、自己破産が認められますと、全ての債務から解放されて、債務地獄から解放されることになります。

 

 

破産手続きをする際には、ご自身の財産などを手放さなければなりませんが、破産の手続き以降の収入はご自身のものとなりますので、給料を差し押さえられるようなこともありません。
また、自己破産をしても、人格を否定されるわけではないので、選挙権や被選挙権を失うことはありません。また、住民票や戸籍などに経歴が残ることもありません。

 

 

ただし、自己破産をすれば全ての借金から解放されるわけではなく、所得税や養育費などについては、支払う義務があります。
人生の再生を図れる最終的な手段ですので、自己破産をしましたら、その後は必要以上に借金をすることのないようにすることが肝心です。
・・といいますか、自己破産をしますと、信用情報機関と言う個人の金融取引情報を管理する組織に登録がされますので、そもそもお金を貸してくれる貸金業者などはなくなります。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)