自己破産のデメリット

借金地獄から解放される自己破産手続きですが、当然デメリットもあります。
前項で説明しましたが、信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまいますので、しばらくは、新規借入ができなくなります。
これは、自己破産に限らず、他の債務整理をしても同様です。

 

 

また、あまり目にすることがないので、気にする必要はありませんが、官報に掲載されることになります。
また、債務者は自己破産をしましても、保証人などに対しての取り立ては禁止されませんので、保証人に対して多大な迷惑をかけてしまいます。
そして、せっかく建てたマイホームなども手放すことになりますし、破産者名簿に掲載されてしまいます。

 

 

また、資格制限と言い、特定の資格を保有している人は、その資格を失うことがあります。
ちなみに破産者名簿とは、破産者の居住する市区町村で管理されているもので、身分証明書などを発行してもらう際には自己破産者であることが明記されます。
しかし、市区町村からの身分証明書を要求されることはほとんどありませんし、第三者が閲覧できるわけではないので、他人に知られることはありません。

 

 

また、破産者名簿に掲載されることになりますが、免責を受けるまでの期間のみですので、心配する必要はないと思います。ただし、痛手は大きいです。住宅を失うことが最も大きなダメージで、一から人生をやり直すような形になりますので、当然老後のための貯蓄なども、最初からスタートしなければなりません。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)