キャッシングで自己破産(弁護士への相談含む)TOP
キャッシング、つまりいろんなところからお金を借りて、遊んだ結果、返済することができなくなり、法律相談へ行って、弁護士に相談して、自己破産の道を選ぶことがあります。
テレビでも言っているように、お金の借り入れの時は無駄なお金を借りないようにすることがとても大切になると思います。キャッシングでお金を借りまくった結果、自己破産になるということは本人の自業自得であると私は考えています。
金額と弁護士によっては、自分で裁判所に行って手続きをしなさいということをいう方もいらっしゃいますが、多くの弁護士さんはちゃんと相談に乗ってくださいますし、お金も本人の無理のないような金額ずつ支払って、弁護士費用を払ってもらえばいいよと言ってくださいます。
また、費用については、法テラスで一時的に自己破産手続きに必要な費用を立て替えてくれるようになっておりますので、今手持ちがないけど、弁護士さんに頼まなければならないということでしたら、法テラスの方で手続きをとって、費用を支払うことも可能です。
もちろん、法テラスから借りているお金ですので、破産手続きが完了して、支払うことができるのであれば、早めに法テラスへ返済するようにしたらいいでしょう。
なお、自己破産というのは、勘違いされがちですが、自己破産しただけでは、まだ借りたお金を返済しなければならないという立場のままになります。そのため、免責の手続きを取るわけですが、免責については、だいたい負債総額の1割から2割を貯蓄して、貯まった時点で裁判所へ行き、納付します。それを債権者に按分して、免責となります。それによってはじめて、返済の義務がなくなることを理解してもらった上で、読んでいただけたらと思っています。自己破産は最近多いということを聞いておりますが、状況によっては、免責されない場合もありますので、ちゃんとお金の使い道を確認しておくようにしましょう。お金を管理するようにすることが自己破産を防ぐ1つだと思います。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)

自己破産のシミュレーション(シュミレーション)ができる?記事一覧

借金のことで困ったら、まず役所で行っている法律相談へ行きましょう。それは、役所が無料で行っているものです。また、相談は予約制になっていますので、事前に予約をしてから、法律相談を受けるようにしてください。相談時間はだいたい15分くらいですので、必ず説明する内容を事前に整理してから話をするようにしましょう。役所で行っていますが、相談員は弁護士が行っておりますので、キャッシングでどれだけ借りて、いつごろ...

キャッシングを利用して、自己破産になるということは、いろんなところのキャッシングを利用していたということでしょうか。そして、そのお金を何に使って、返済がちゃんとできなかったのかということがとても確認したいと思うことでしょう。キャッシングの場合はだいたい50万円までなどと上限が決まっているため、総量規制から考えると、複数でのキャッシングの利用ができるというわけです。そして、それぞれで融資可能額いっぱ...

キャッシングの会社に自分で連絡をするわけですが、自分で連絡して手続きをとっている人はあまりいないと思います。自分で書類を簡易裁判所に取りに行くことはできますが、ここで引っかかるのがキャッシングの会社に実際どのくらいの債務があるのかを確認する必要があります。これは多くの人が自分ではできないと言うと思います。自分が悪いとは思っていると思いますが、電話をするとお金を払えと強く言われたりするから、自己破産...

自己破産を申し立てて、自己破産が確定しても支払いがゼロというわけではありません。ゼロになる場合は、どうやっても収入がなくてどうしようもないということが認められる時だけです。普段働いている方については、自己破産が成立したとしても、キャッシングの会社からの督促がなくても、キャッシングの会社に対していくらかの弁済金というものを支払う必要があります。そういうことから、自己破産が認定されたからといって、全く...

裁判所の呼び出し日程が決まったら、弁護士がいる場合には、弁護士さんの方から、自分で行っている場合には裁判所から連絡があります。2回目以降については、話し合いの中で決めることが多いですが、決められた日程については、必ず簡易裁判所へ出向く必要があるということを忘れないようにしましょう。体調が悪いとか、病院に入院などの例外を除いては、必ず簡易裁判所へ出向いてください。そして、弁済金の積立状況やいつごろ完...

自己破産、そして免責を受けて、法律上はこれでキャッシングによる自己破産というのが完結するわけなのですが、弁護士費用を忘れてはいけません。弁護士費用は本来、事前に支払うものでありますが、自己破産など事情によってはあとから支払うということもできます。そのため、今回のようにキャッシングによる自己破産の解決ということで、弁護士費用は支払うことができるようになるので、解決したあとにできるだけ早く支払うように...