どうしてそんなに借りたのか?

キャッシングを利用して、自己破産になるということは、いろんなところのキャッシングを利用していたということでしょうか。そして、そのお金を何に使って、返済がちゃんとできなかったのかということがとても確認したいと思うことでしょう。

 

キャッシングの場合はだいたい50万円までなどと上限が決まっているため、総量規制から考えると、複数でのキャッシングの利用ができるというわけです。そして、それぞれで融資可能額いっぱいまで使っているケースが多いと思います。

 

次にそのお金を何に使ったかということで出てくるのが、ギャンブルや飲み、遊びに使っていることがとても多いということなのです。これらでお金は1回でもかなりの金額がかかりますので、結果すぐになくなるわけです。

 

自己破産の場合は、キャッシングによる部分での負債だけでなる人と、クレジットによるものと合わせた負債によってなる人がいます。自己破産をするということは、今後キャッシングを利用しようと思っても、利用できないということになるのですが、自己破産になるくらいの額まで誰にも相談をしなかったからそうなるわけで、金額が大きくなる前に法律相談を受けて、任意整理といって、自分の収入にあった返済を少ない金額ながらも返済して、完済に導くという方法もあるわけです。

 

キャッシングを利用するときにその場をしのぎながら借りて、返済してということを繰り返していくうちに任意整理できないところまできてしまうことがあるようです。

それはおかしいでしょと回りに言われる

そんなにいろんなところでキャッシングを利用するって、おかしくないのということを周りの人から聞かれると思います。普通の生活をしていたら、キャッシングを利用して、お金を借りることをしなかったはずです。しかし、事実キャッシングを利用して、使いまくって、自己破産しなければならない状況を作ってしまったわけです。

 

また、キャッシングを利用しなければならない状況であっても、生活に必要な分だけの借り入れであれば、そんなにはかかることもないし、ちゃんと返済を履行できたと周りの人は考えるわけです。その本人もまさか自己破産しなければならないということを予想していなかったと思います。自己破産という言葉を知っていたとしても、どれだけお金を借りたら自己破産になるかを考えて、キャッシングを利用していたとは思えません。その結果、とんでもない金額が負債として、重くのしかかり、最初は返済できていたものの、だんだん返済が滞り、そして自己破産の道を歩むことになっていくわけです。

 

周りの人はそのキャッシングの利用の仕方、お金の使い方について、どうして周りに相談したり、考えたりしなかったのかについて、厳しくそれはおかしいということを追及するわけです。もちろん、本人は何に使ったのかはわかっているものの、具体的にいくら使ったかまでは覚えていないことが多いと思います。

 

周りがおかしいといっても、本人にはそれだけお金を使ったという意識を持っていないことも少なくないことを理解してください。そのうえで、キャッシングを利用してお金を多く借りたという事実を考えてもらいましょう。

何に使ったの?

冒頭でも述べましたが、いろんなところでキャッシングを利用してお金を借りまくって、お金を使っていったのでしょうか。それがギャンブル、お酒、女ということがほとんどであります。

 

まず、ギャンブルについては、日本国内ではパチンコ、パチスロ、競馬、競艇などということになります。海外に行くと、カジノでということですが、ギャンブルは1回勝ちだすとそれが気持ちよくて、もっと稼げると思ってつぎ込んで、はまってしまうということでどんどんお金を使ってしまいます。ギャンブルは1回勝ってもずっと勝つものではありません。そのところを間違ってしまうと、次こそとやりまくってしまい、お金がすぐになくなるということなのです。

 

次にお酒についてですが、居酒屋に週1回くらいならそこまでお金を使うことはありませんが、クラブやキャバクラなど、ちょっと高いお店で飲むと一気にお金が減ってしまいます。しかも、ギャンブルとは異なり、いくらかお金が返ってくるとかもありませんので、ただ減る一方になるわけです。

 

そして、女ということですが、先ほどの飲み屋さんのほかに、風俗に行ってお金を使うと飲み屋さんよりも早くお金がなくなります。

 

これらが主な理由ではありますが、ほかにもブランド品の衝動買いなど、お金が一気に減った結果、キャッシングを何軒も回って、お金を借りてでも欲望に対してのお金をつぎ込んでいって、取り返しがつかないことになっていくわけです。こうならないためにも、お金の管理をちゃんとしましょう。

返済は厳しい

いろんなところでキャッシングを利用した結果、お金を返済しようにも別のところで借りたお金を充てたり、無理なバイトをやって返そうとしたりなど、無謀に近い結果になることも少なからず出てきます。そして、本当にお金をどこにも返済できなくなって行くわけです。

 

こうなってくると、生活費もないようなとんでもないような状況になっていくわけなのです。首も回らなくなって、自己破産することになっていきます。もちろん、金額によっては、任意整理を行って、ちゃんと返済していくことによって、自己破産しなくてもいいこともあります。

 

やはり、いろんなところでキャッシングを利用しているとなると、元本がなかなか減りませんし、返済ができたとしても、かなりの時間を要することになります。返済が厳しい状況であるということは明らかなことで、キャッシングは返済しなければ、利用できなくなります。

 

キャッシングでお金を借りたということは、もともとは生活に困って利用を始めたという方であっても、借りたお金を遊ぶことに使って、返済しようにも自分の給料では返済しきれない状況に追い込んでしまっていることが多いので、返済はどうやってもできないということになります。

 

本当であれば、返済が遅れると、一括で返済しろという督促などが来て、もっと状況的に苦しくなっていくということは本人がいろいろ考えても行動に移せない限りは変わらないでしょう。返済が厳しくなる前に銀行に相談するべきだったと思うのです。銀行であれば、おまとめローンを利用することもできますし、返済も楽になると思うのです。

自己破産するの?

はじめから読んでもわかるように、任意整理ができない状況になった時に自己破産を行うということです。それは、キャッシングを賢く使えなかったというよりは、キャッシングでお金をいくらでも借りられるという錯覚に利用者が陥った結果なのであります。利用者がキャッシングを利用して、自己破産になる理由について述べたように、生活費としてではなく、ギャンブルをはじめとする遊びにお金を使ってしまったという、自業自得ということなのです。

 

そして、返済期限が迫って、お金がないということになって、返済ができなくなってという悪循環が任意整理もできず、自己破産することになるのであります。キャッシングは返済ができないと、返済してくれということで督促状が送付されてきます。そして、裁判所からの支払命令の通知が届けられてきて、最悪の場合は給料口座の差し止めなどが行われて、生活ができなくなってしまいます。

 

その時になって始めて、自己破産の手続きをとらなければならないということに気づく場合もありますが、それ以前に自己破産しなくても済むような方法があったと思います。それなのに、キャッシングで借りまくって、自己破産しなければならない状況を作ってしまったことで一気にキャッシングに関しての信用が失われてしまうわけなのです。

 

任意整理が出来る金額であれば、任意整理を行ったほうがいいと思いますが、借入れた件数が多かったり、借入金額が多かったりする場合は自己破産を選ぶしかないと思います。キャッシングはピンチの時は助けてくれますが、本人がちゃんと返済を行っていないと自己破産することになるので、このようにならないようにしてもらいたいです。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)