自分ではできません

キャッシングの会社に自分で連絡をするわけですが、自分で連絡して手続きをとっている人はあまりいないと思います。自分で書類を簡易裁判所に取りに行くことはできますが、ここで引っかかるのがキャッシングの会社に実際どのくらいの債務があるのかを確認する必要があります。これは多くの人が自分ではできないと言うと思います。

 

自分が悪いとは思っていると思いますが、電話をするとお金を払えと強く言われたりするから、自己破産の手続きをするから債務を教えてくださいとはなかなか切り出しにくいと思います。

 

そういう思いになってしまうと、時間がかかってしまいますし、精神的にしんどくなってしまいます。そういったことから、自分ではキャッシングの会社に連絡を入れることができないということがあります。

 

もちろん、自分で手続きを済ませて、淡々と出来る人もいらっしゃいますが、できないという人の方が多いと思います。そのために、法の専門家である弁護士や司法書士にお願いすることができるようになっているのであります。

 

自分で行った場合、もちろん書いたらすぐに手続きを行って、簡易裁判所からの呼び出しに従って、自己破産の認定や免責の有無、免責がある場合はいつまでにどうやってということを自分で計画を立てて実践となるわけですが、弁護士や司法書士が入る場合は書類の作成はやってもらえますし、キャッシングの会社への電話もしてくれます。自分でできなかったら、まずは相談してみましょう。

誰がやるの?

キャッシングでお金をたくさん借りた場合、たいていの場合はキャッシングの会社から督促が来て、裁判所からの通知をもらってから慌てて、自己破産の手続きを行うことから、そう言った状況ではなかなか会社の方に債務がどれだけあるかということを本人が聞くことができないというのが現状になります。

 

そのため、弁護士や司法書士に依頼をして、書類の作成とともに会社の方に問い合わせをしてもらうしかないというのが現状でしょう。自分でやるのは正直怖いと思いますし、書類の不備などがあると、裁判所が受理してくれないということも考えられますので、そういった面でも法の専門家である弁護士や司法書士に書類の作成をやってもらって、審議まで行うのがいいと思います。

 

キャッシングでとなると、たいていは総量規制ギリギリか超えているかの金額になると思うのですが、そういった部分で考えると、実際のところは弁護士が多くなるのではないかと思います。

 

キャッシングが原因で自己破産を行った場合は、今後キャッシングを利用できなくなるということは重々承知の上で、今後のことを考えていく必要があります。人生のプランを含めて、弁護士に相談していくといいと思います。そして、自己破産になった場合、どのようになるかということと、キャッシングで借りたお金を返さなくていいようにするための方法を確認しておくようにしましょう。それは、自己破産になったからといっても返済の義務が残ってしまうためです。

本当の金額はいくら

自分がキャッシングで借りたお金がわからないということをよく聞きます。それは、実際にはこれに利息が発生するためで、利息と元本の残金というのが、実際に債務として計上される金額であるからです。

 

自分で確認するのが怖くなってしまうというのは、そういうことなのです。もちろん、返済をしてくださいという督促があるのではと思ってしまうため、それなりに抵抗はあると思いますが、その上に計上された債務がいくらなのかということを確認しないといけないとなると、本人で自己破産に関する手続きを全て行うということがどれだけ厳しいことなのかを理解していただけたと思います。

 

ただ、キャッシングに関しては本人の責任ではありますから、周りからすると自業自得だということで非難を浴びたとしてもそれは致し方ないことです。

 

いずれにしても、自己破産をするということは、キャッシングが原因であったとしても、相当悩んだ挙句の結果であると思いますので、自己破産をすることについて、自分で考え、それに対して、どのようなことをして収束させるかということが本人にとっての課題になると思います。

 

もちろん、このあと審議などでどういう判断がくだされるかによっても、大幅に状況が変化することになると思いますが、前途は多難であることには間違いありません。キャッシングの間違った使い方によって、自己破産という選択を選ばざる負えなくなったのですから、仕方がないことですが、現実を受け止めて進むしかありません。

支払できない旨を

本人であっても、弁護士、司法書士であっても、キャッシングを受けた会社に対して、本人が支払いできない旨を伝える必要があります。それは、審議中の間に支払督促を受けないようにするためであります。もちろん、本人が自己破産の手続きを行うことを伝えた上で行う必要があります。

 

この時点で、キャッシングを受けた会社から法的手続きをとられている場合については、弁護士を利用するようにして、弁護士から本人が支払いできないということを伝えてもらうようにして、円滑に自己破産の手続きを行うことが必要になることを理解しておきましょう。

 

もちろん、支払いができなくなったことについては、本人がキャッシングで借りたお金を計画的に利用しなかったことにほかありませんが、遅れてしまってどうしようもなくなってから、自己破産の手続きをとるのは、キャッシングの会社に対して、聞くにしても大変なことになってしまいますので、督促が来る前に法律相談を受けて、自己破産の手続きをするようにしておけば、自分で行うときにはそこまで厳しいことは言われないのではないかと思います。

 

ただ、忘れてはいけないのは、本人がキャッシングを利用しすぎて、このようになったわけですから、自分の生活スタイルを根本的に見直して、自分を変えていくことが必要になるということを自覚してもらいたいと思います。自己破産して解決したとしても、以前のような行動は慎み、堅実なお金の使い方をしましょう。

結局やっぱり

これまでに述べてきたように、キャッシングを受けた会社に対して、自己破産をするため、返済ができない旨を自分で伝えることがどれだけ辛いことなのかがわかったと思います。

 

結局のところは、弁護士や司法書士の力を借りることで、キャッシングを受けた会社に自己破産の旨を伝えてもらうことが円滑に自己破産を行うにはいいと思うのです。弁護士や司法書士の力を借りることで、手続きに対しての安心もありますが、途中で相手から何かを言われたとしても、自分の身を挺して守ってくれます。

 

また、別のことで問題があったとしても、その時点で弁護士や司法書士に相談することもできますので、自分の責任で自己破産を受けるにしても安心して、対応してもらうことができるのです。

 

自己破産するにあたって、いろんなことを考えてここまで来て、弁護士や司法書士に相談をしてきたと思います。しかしながら、自己破産して最後を締めるのはキャッシングをして、自己破産をすると決めた本人にかかっているということは忘れてはいけません。解決できるかどうかは本人次第だということを理解しながらも、弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

 

やっぱり、弁護士や司法書士が出て、自己破産の手続きを進めることになるのですが、このあとで説明することに関しては、自己破産をする本人の行動がいかに大切であるかを書いておりますので、自己破産をした方もしていない方も参考として読んでもらいたいと思います。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)