弁護士費用は忘れないで

自己破産、そして免責を受けて、法律上はこれでキャッシングによる自己破産というのが完結するわけなのですが、弁護士費用を忘れてはいけません。弁護士費用は本来、事前に支払うものでありますが、自己破産など事情によってはあとから支払うということもできます。

 

そのため、今回のようにキャッシングによる自己破産の解決ということで、弁護士費用は支払うことができるようになるので、解決したあとにできるだけ早く支払うようにしましょう。それが礼儀であります。

 

弁護士費用を支払わなかった場合は、逆に提訴などされることも考えられますし、今後何かあって弁護士を利用するにしても、何らかの影響がないとは言えません。そのためにも、解決したらすぐに弁護士費用を支払ってください。

 

その時点でやっとキャッシングによる自己破産に対しての完了ということが言えるのではないでしょうか。弁護士費用は件数によって異なりますが、詳しくは弁護士、司法書士、もしくは法テラスの方で金額を確認するようにしましょう。

 

法テラスを利用した場合は、法テラスの方に裁判にかかった費用を支払うようにしてください。法テラスで裁判費用を一時的に立て替えしています。もし、法テラスの方に支払うことができない事情がある場合については、免除もしくは減免の手続きをとって、審査を受けるようにしてください。状況によっては、免除、減免を受けることができますので、支払えない理由を申し立てて、対応するようにしてください。

貯蓄計画を立てよう

キャッシングで自己破産して、弁済に貯めたお金と同様に自己破産が完結しても、これからのことを考えた場合に備えて、貯金するようにしましょう。それは、キャッシングがほぼ利用できないと思ってもいいからです。また、弁済のときに積み立てることができて、生活がちゃんと出来たのであれば、今後も貯蓄をすることがその分できると思うからです。貯蓄計画を立てて、家庭のために自分のためにしっかりと貯蓄して、いざという時に貯蓄したお金を使っていくことで、キャッシングを利用することもなく、過ごすことができますし、貯蓄以外のお金についても必要最低限でありながらも有意義に使うことができるのではないでしょうか。

 

通帳を見て、お金が貯まっていくのを見ると、楽しくなるものであります。これまではお金が貯まってもネガティブになっていた部分があったかもしれません。しかし、それはキャッシングを利用した本人の責任でそうなったのでありますから、これまでのこともこれからのことも貯蓄していることには変わりはありません。計画を立てて、今後に備えて、貯蓄を実践していくことが円満な家庭を作ることになると思います。

 

お金のトラブルは家庭の崩壊ということをよく聞きますが、崩壊の原因を作ったのはキャッシングを利用した本人であり、それを解決して立て直すのも本人の力によるところであります。
これらを踏まえた部分でお金の部分でもそれ以外の部分でも計画を立てて、計画が実践されて、前向きになるように努めていきましょう。

お金の使い方に気をつけて

キャッシングによって、自己破産ということになったことは自分の責任として、反省することが必要なわけですが、弁済金を支払って、免責を受けたら、使えるお金が増える、貯蓄はいらないというわけではないことはこれまでに述べた通りであります。

 

お金の使い方をキャッシングの無駄な使い方によって、自己破産をしたわけですから、解決したあとのお金の使い方については、自己破産になったことがない人よりも特に注意をしなければならないことであります。

 

キャッシングを利用しすぎて、自己破産を招いたわけですから、その失敗をプラスにするためにも貯蓄や節制ということを常に考えた生活を送る必要があります。また、自己破産というのは、個人情報として信用機関では登録されることです。そのため、自分の収入でどうにかして、やりくりしなければならないのです。

 

自己破産から一定期間経過していても、キャッシングを利用できない場合があります。もちろん、以前利用していたキャッシングの会社を利用できないのは当然のことであります。ほかについても、状況によっては利用できないということも発生します。

 

いざということを考えて、お金を効率良く使い、貯めていくことが必要だというのです。二度と過ちを犯さないためにも、自分を悔い改めていくことが必要になります。お金の面でも心の面でもキャッシングに依存してはならないということを肝に銘じて過ごしていきましょう。それが信頼回復につながっていきます。

1回やると

自己破産を1回やってしまうと、どういったことが起こるのかについて、述べていきます。

 

まず、キャッシング、クレジットカードの作成、ローンなどが5年から7年利用できなくなります。キャッシングについては、もちろんそれが原因で自己破産になったわけですから当然のことであります。また、クレジットカードの作成、ローンに関しても、自己破産したということで、信用がなくなっていますから、利用することができなくなります。

 

次に会社の取締役に10年なれないということがあります。会社というのは、信用があってこそのものでありますので、信用がない人が会社の役員になった場合はそれだけでもマイナスになりかねないということであると思います。もし、自己破産をした本人がすぐに考えを改めて、頑張ったとしても、社会的信用を回復するにはやはり時間がかかることなのかと思います。ただ、個人事業主については、会社ではないので、10年になっていなくてもなることができますので、個人事業主と会社の役員をゴチャ混ぜにして考えないようにしましょう。

 

もう1つですが、次にも述べますが、自己破産を7年することができなくなります。もちろん、次の自己破産があってはいけないわけですが、万が一自己破産をしなければならない状況になった場合には、自己破産の認定条件が厳しくなることがあることを承知の上で申し立てを行ってください。そうならないためにも、キャッシングを利用せず、自分の収入の中でやりくりできるように勉強してください。

2回目以上はどうなる

2回以上自己破産を行った場合はこれまで以上にローンやクレジットカードの利用に制限がかかってしまうことは覚悟しておきましょう。また、2回目以降の自己破産の申し立てについては、判定が難しくなることが多いようです。そのため、以前のようにキャッシングを利用したからというわけではなくても、返済などができなくなった原因について、厳しく追及されることもあると思います。それは、キャッシングで自己破産した本人にとっては、さらなる試練になってしまいます。

 

キャッシングも利用できなくなった、クレジットカードを作ることができなくなったと自分で解決しなければならない状況に自分を追い込んでいることは明らかなことであります。いろいろ制約を受けている期間が長くなればなるほど、精神的にもよくないと思います。そして、精神的な面から肉体的にも蝕まれてしまっては将来を悲観しないといけないということにもなりかねません。

 

もちろん、キャッシングによるものであっても、そうでなくても、1回も自己破産にならないということがベストなわけですが、自己破産を1度してしまったら、これからは賢くお金を使って、自分のこと、家庭のことを再生して、二度と自己破産の申し立てを行わないようにしていくことが必要であります。過ちは過去のものかもしれませんが、自己破産をすることは将来にも影響が及ぶということを理解してもらいたいのです。この内容を読んで、考え方を改めて、キャッシングを無駄に使ったり、自己破産をしたらいいという甘い考え方がなくなればいいと思います。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)