とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)

自己破産手続きをする前に記事一覧

借金が膨らんで、返済することが難しくなった場合には、さまざまな債務整理の方法がありますが、究極的な債務整理の方法が自己破産です。これは、簡単に言いますと、ご自身の財産を全て失い、その代わりに債務が帳消しになるというものです。財産を失うことは、大きな痛手になります。特にマイホームなどを失うことはかなりの決断が必要だと思います。しかし、基本的には借りたお金は返さなければならないということが原則です。そ...

自己破産をするためには、まず、全ての債務を理解することが必要です。弁護士にお願いをするにあたっても、しっかり債務の状態がわかっていないと、弁護士も適切な対応ができないと思います。言い方は失礼ですが、多重債務に陥っているような人は、どの会社からどのくらいの金利でどれだけの借入を理解していない人も多いと思います。理解していないので、さまざまな貸金業者から借入をしているようなものです。自己破産を心に決め...

借金が返済できなくなった人は、債務整理をすることになるのですが、債務額と返済期限、そしてご自身の収入により、借金の整理方法は異なります。次項以降で説明しますが、任意整理をする方法や個人再生などの方法があるのです。基本的には借金は返済することが義務ですので、しっかり返済をすることが必要なのですが、返済期限を長くしてもらうことや、金利の負担を軽減してもらうことにより、返済をすることも可能なのです。最近...

借金を抱えて、自己破産に陥ってしまった場合には、ご自身の債務を免れることはできても、保証人には債務を逃れることはできないので、取り立てが続きます。昔から保証人だけにはなるな!とよく言われたものですが、軽い気持ちで保証人になってしまいますと、とんでもない状態になってしまうのです。もし、ご自身が自己破産に陥りましたら、必ず保証人に事情を話すことが必要で、保証人も含めた債務整理を考えなくてはなりません。...

自己破産の申し立てをするには、複数の書類が必要です。申し立ては基本的には書面を提出することになるのです。通常の場合には、弁護士や司法書士などに手続をお願いするのですが、自分で対応する場合には、必要書類の漏れがないようにしなければなりません。また、必要書類は裁判所により異なりますし、裁判所指定のフォーマットなどがありますので、確認をしなければなりません。では、裁判所で入手する書類はどのようなものでし...

借金を返済できなくなった場合の最終的な方法が自己破産になるのですが、誰でも自己破産ができるわけではありません。破産手続きを開始しても、免責の申し立てをしなければ、なりません。免責の手続きは、債務の支払い義務を全て免除して、個人再生を図るために手続きです。ですから、免責を受けられない場合には、自己破産の手続きをあきらめるしかありません。免責を受けられない人は、ギャンブルなどの浪費などが理由で、支払不...

自己破産の申請をすることは誰にでもできるものですが、誰でも自己破産ができるわけではありません。自己破産をするためには、ご自身の収入に対して借金の方が大きいような場合です。ご自身の収入では返済ができないような場合に、なるべく早く自己破産申請をするべきなのです。自己破産の申し立てをする人は、少しずつ減っているようです。これはヤミ金融対策法という法律が2004年に施行され、とんでもないような金利でお金を...