自己破産申し立てに必要な書類を準備

自己破産の申し立てをするには、複数の書類が必要です。申し立ては基本的には書面を提出することになるのです。

 

 

通常の場合には、弁護士や司法書士などに手続をお願いするのですが、自分で対応する場合には、必要書類の漏れがないようにしなければなりません。
また、必要書類は裁判所により異なりますし、裁判所指定のフォーマットなどがありますので、確認をしなければなりません。

 

 

では、裁判所で入手する書類はどのようなものでしょうか?
破産申立書や免責申立書です。
債務者は借金の状況や個人情報、生活の状態などを記入することになります。また陳述書も必要になります。

 

 

陳述書には、借金をした理由や債務の返済ができなくなった理由、そして、今後の生活などについてしっかり記入しなければなりません。
陳述書はとても重要なものですので、しっかり反省する意味を持ち、しっかり記入しなければなりません。

 

 

そして、債権者の一覧表も必要です。全ての債権者からの借入金額などを記入することになります。
これは貸金業者のみでなく、身内から借金をしているような場合にも必要な情報です。
あえて、特定の債権者を漏らした場合には、免責の許可が受けられませんので、注意が必要です。

 

 

そして資産についての説明も必要です。
現金や不動産など全ての財産を記入することになります。
そして、貯金、数か月の家計の収入や支出について、家族の状態も含めて記入しなければなりません。
また、個人で用意するものは、住民票や戸籍謄本、給与明細や、源泉徴収票の写し、住民税の課税証明書などが必要になります。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)