自己破産ができない人

借金を返済できなくなった場合の最終的な方法が自己破産になるのですが、誰でも自己破産ができるわけではありません。
破産手続きを開始しても、免責の申し立てをしなければ、なりません。

 

 

免責の手続きは、債務の支払い義務を全て免除して、個人再生を図るために手続きです。
ですから、免責を受けられない場合には、自己破産の手続きをあきらめるしかありません。
免責を受けられない人は、ギャンブルなどの浪費などが理由で、支払不能になった場合や、全ての財産を開示していなかった場合、そして、返済不能の状態にあるのに、債権者をだまして借り入れをしていた場合、そして過去7年以内にすでに免責を受けているような人です。

 

 

また、資格制限を設けられている職種の場合には、職業を失う可能性もありますので、自己破産をすべきではないです。
自己破産申請をしますと、ご自身が保有する財産を処分して、債権者に返済をする必要があります。
マイホームやマイカーなどを手放さなければならなくなりますので、極力、自己破産処理はしない方がよいと思います。

 

 

しかし、身ぐるみ全てをはがされるわけではなく、生活にするために最低限必要な日用品や現金などについては、差し押さえをされることは禁止されていますし、破産手続き開始後に得た収入や財産などは処分されることはありません。
ですから、高価な財産を持っていないような人にとっては、債務だけをなくすというメリットがあります。

 

 

しかし、借金を抱えている人は、ほとんどの場合が散財によるものだと思います。ですから、免責を受けられない場合も多いと思われます。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)