借金の整理方法を明確にすること

借金が返済できなくなった人は、債務整理をすることになるのですが、債務額と返済期限、そしてご自身の収入により、借金の整理方法は異なります。

 

 

次項以降で説明しますが、任意整理をする方法や個人再生などの方法があるのです。
基本的には借金は返済することが義務ですので、しっかり返済をすることが必要なのですが、返済期限を長くしてもらうことや、金利の負担を軽減してもらうことにより、返済をすることも可能なのです。

 

 

最近、過払い請求という言葉をよく聞くと思います。
テレビのCMなどでも、払いすぎた金利分を取り戻しましょう!というような宣伝をよく見ます。長期間に渡り、借金をしていた方は、金利分を余分に支払っていた可能性もあるのです。

 

 

今では、貸金業の適用金利は通常の場合、年利18%が上限とされています。
しかし、以前は出資法の29.2%が適用されており、余分な金利を支払い続けていた人もいるのです。

 

 

18%の上限金利と定めているのは、利息制限法ですが、今では貸金業者はその金利を守らなければならないとともに、過去に利息制限法の上限金利以上の金利を課していた貸金業者に対して、金利分の返還請求ができるようになったのです。

 

 

ですから、借金の返済で困っているような人は、過去からの借入状況を把握して、過払い分を返還してもらい、その後の返済計画を立てるのです。
過払い金が多い場合には、現在の借入金額から、過払い金を精算することができますので、トータルの借入金額は少なくなります。

 

 

もし、差し引きをして、返済金額が少なくなった場合には、債務整理の方法により、返済期間を長くしてもらうことや、金利の適用をなくすようにしてもらうことで、債務整理ができることもあるのです。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)