保証人がいる場合には

借金を抱えて、自己破産に陥ってしまった場合には、ご自身の債務を免れることはできても、保証人には債務を逃れることはできないので、取り立てが続きます。
昔から保証人だけにはなるな!とよく言われたものですが、軽い気持ちで保証人になってしまいますと、とんでもない状態になってしまうのです。

 

 

もし、ご自身が自己破産に陥りましたら、必ず保証人に事情を話すことが必要で、保証人も含めた債務整理を考えなくてはなりません。
もし、保証人が債務を返済できなければ、保証人も自己破産になる可能性もあるのです。
このように自己破産をしますと、保証人に多大なる迷惑をかけてしまうことになりますので、誠心誠意しっかり事情を説明しなければなりません。

 

 

しかし、保証人が債務を逃れられる場合もあります。
例えば、貸金業者などから、保証人は形だけのものなので、保証人を立てるように要求されたような場合には、貸金業者との保証契約を無効にすることや帳消しをすることができるのです。

 

 

しかし、債務者からお願いをされて保証人になってしまったような場合には、保証契約を解約することはできません。
また、保証人は求償権という権利があり、自分が債務者の代わりに返済をした場合には、債務者に対してお金の請求をすることもできます。

 

 

保証人になってくれた人はとてもありがたい人だと思います。
ですから、保証人に対しては、迷惑をかけた代わりに、一生、罪を償うという意識で対処することが必要です。

とりあえず債務整理のシミュレーションしてみては?【無料】↓↓↓(匿名でOKなのがここ)